会社概要

高田種苗株式会社
明治元年
昭和24年8月9日
〒531-0041 大阪市北区天神橋8丁目3-10
TEL: 06-6353-0551(代) / FAX: 06-6357-1938
Email:madoguchi@takadaseed.com
事 業 所 ①淀川倉庫  大阪市北区長柄東3丁目3-17
②泉佐野育種農場  大阪府貝塚市898-1
代 表 者 代表取締役 高田 明
資 本 金 1,000万円
取引銀行 三菱東京UFJ銀行・三井住友銀行
事業内容 種苗育種生産卸業・農園芸資材卸業・食品製造卸
所属団体 【国内】
日本種苗協会
大阪府種苗業組合
関西穀物商協同組合
大阪穀物事業組合
【国外】
International Seed Federation (ISF)
The Asia and Pacific Association (APSA)
主な取扱商品 【種苗】
タマネギや大阪特産野菜を初めとする各種野菜種子
各種野菜苗・特用作物類
園芸種子・球根・花苗・果樹苗など
【農園芸資材】
用土・各種農薬類、生産資材など
【雑穀】
丹波黒大豆、丹波大納言
北海道産大豆類・小豆類・インゲン類・他 輸入穀物類
【食品】
家庭向け穀物類、豆類加工食品・他

代表メッセージ

会社代表高田明
代表取締役 髙田 明

創業から150年 
高田種苗を支えてくださる皆様へ

平素は格別のお引き立てを賜り厚く御礼申し上げます。
弊社は明治元年に大阪天満市場で「種佐」の屋号で種苗店を
開業して150年余りが経ちました。

当時は大阪市内にも大勢の農家がいて現在では伝統野菜とし
て知られる「大阪しろな」、「毛馬胡瓜」、「田辺大根」、
「金時人参」、「天王寺蕪」、「守口大根」など多くの野菜が
栽培されており、それらを天満市場に出荷に訪れた農家さん
が高田種苗店で種、農薬、肥料などを購入されたのが商いの
始まりと聞いております。それから戦後の高度成長を迎え
大阪の農地は住宅地、商業地へと変わって野菜を生産する
農家が減少しました。種苗店としては農家さんが減るということはお客様が減るということです。

その中で弊社は国内から海外へ視点を写し、現在では自社開発玉葱品種初め様々な野菜品種を全世界
40か国以上の国へ輸出しております。また1985年ごろからオランダのライク・ズワーン社の総代理店
として、レタス、トマト、ほうれん草、カラーピーマン、きゅうりなどの各種野菜種子を共同開発
しており、開発した品種は国内の生産者の方に広く栽培していただいております。

また海外進出と同時に、種であり食品でもある「豆」を積極的に取り組み、食品用として各種豆類の
契約生産、販売を行ってまいりました。特に丹波黒大豆、丹波大納言小豆はお正月のお祝いに広く
ご利用いただいており、現在では年間数百トンの雑穀を扱うまでになりました。
また豆類を主とする加工食品についても全国の量販店様、卸会社様、惣菜メーカー様など様々な業態へ
販売を行っております。

コロナにより生活スタイル、仕事の仕方、人との関わり方など、全てが大きく変貌いたしました。
Old Normalは過去の常識で、誰も経験したことの無い未曽有の時代に突入しております。
その中で、大阪の老舗種苗会社として培った経験とネットワーク、創業以来貫いてきた「お客様視点」
「臨機応変」「挑戦」をモットーに、これからも「農」と「食」に関わり続けていきたいと考えております。

沿革