グリーンカーテン ツンベルギア

グリーンカーテン ツンベルギア

価格495円 (税込)
数量
カートに追加しました。
カートへ進む
お問い合わせ

商品のご紹介

グリーンカーテン ツンベルギア

タネまき 開花
4月~6月 7月~10月
  • 生産地:タンザニア
  • 品種名:サンセットゴールド
  • 内容量:約15粒

ユニークな花色のつる性植物。グリーンカーテンに!
花径4cmほどの黄橙色に中心が黒目になる花を咲かせます。
温度があれば旺盛に生育しつる伸びします。
花のグリーンカーテンの他 ハンギングなどにも。

  • 英名:Thunbergia
  • 科名:キツネノマゴ科
  • 草丈:ツル性
  • 開花時期:7月~10月
  • 用土:有機質に富む肥沃で水保ちのよい土

※この種子は、種子を消毒剤を使用していません。
(注)
1.種子を食用・飼料用に使用しないでください。
2.小児の手の届かないところに保管してください。

タネのまき方・育て方

  • タネをまくところ : 屋外・箱まき・直まき
  • 発芽までの日数 : 7~10日(目安)
  • タネにおける土の厚さ:約1cm程度
  • 発芽適温:20~25℃
  • 最低温度:10℃
  • 生育適温:15~30℃

タネのまき方

熱帯アフリカ原産の1年草です。日当たりと水はけがよければ特に土質を選ばず育つ栽培しやすい花です。発芽適温は20-25℃ですので八重桜が散って暖かくなってからタネをまきます。発芽するまでは十分水やりをします。 ※このタネは、傷をつけたり 事前に水つけの必要はありません。

発芽後の管理

移植の場合は、床か箱まきし双葉が十分開いたころに鉢上げするかあらかじめ肥料を混ぜて用意した垣根などに株間25cmの間隔で植えつけます。 65cm標準プランターでは、3本植えとします。 植え付け後5~6節のところで摘心をすると各節から枝が出て花付きがよくなります。気温の上昇とともにぐんぐん生育します。支柱やネットを早めのうちに準備してください。

病害虫など

アブラムシ・アオムシに注意してください。

肥料について

肥料切れを起こすと葉が黄ばんだり小さくなります。肥料切れを起こさないように月に1回程度化成肥料を株元に5~10gバラまくように迫肥します。 窒素肥料(油粕など)過多で栄養成長をしている場合も、ツル伸びし葉は良く茂るものの花付きが悪くなったりします。

病害虫について

夏の高温乾燥期にハダニが付くことがあります。
定期的に早目に薬剤散布します。

カテゴリ一覧